精神科は楽?

医者の世界はピンキリで、バイト生活で週末だけ勤務して月収100万円!なんて過ごし方も出来なくはない。

ただ、王道としてはやはり普通に勤務をする事だろう。医者になるような人たちはレールから外れるのが苦手なのだ。勉強して、お受験して、また勉強して。レールの上を走り続けたからこそ、医者になれたともいえる。

だからほとんどの人は勤務医になっていくわけだけど、その中でもまたピンキリだ。9時5時で過ごす人もいれば、週に1回家に帰れたら良いほうです、なんて社畜までいたりする。そのピンキリを決めるのは、「病院」もさることながら「科」の影響が大きい。

 

産婦人科や小児科が激務である、という話を聞いたことがある人も多いのではないだろうか。ほかにも「心臓血管外科」「脳外科」なんて聞くと、忙しそうなイメージが湧いてくることだろう。いわゆる急患が存在する科は、往々にして激務になりやすい。「ちょっと待って」なんて言ってる間に人が一人、産婦人科では下手したら二人、死んでしまうかもしれない。そう思ったら、疲れてても眠たくても、働いてしまうのが人というものだ。

 

そんな中で、一際楽そうな科がある。精神科だ。精神科はとても人気で、前線で戦う事に疲れた中高年ドクター達が、隠居がてら「転科」してきたりする。

なにしろ精神科は自殺以外ではほとんど死なないので、ちょっと待ってが通じる数少ない科なのだ。最悪でも隔離室に入れたり、拘束したりしてしまえば、滅多なことは起こらない。こういった事情から、ゆるーい科として人気な精神科だが、真面目にやろうとすると実は楽ではない。昔指導医にこう教えられた。

「精神科はとてもストレスが溜まるから、休むのも仕事の内だ」と。

今にして思えばいいことを言っている。

 

精神科という仕事は、例えるなら朝から晩までクレーマーの相手をしているようなものなのだ。もしくは、朝から晩まで愚痴を延々聞くようなものとも言える。それらは適当に聞くわけにはいかない。短い外来時間、僅か5分で悩みを聞き、道筋をつけていかなくてはならない。クレームや愚痴に、全力で当たり続ける科なのだ。

想像してほしい、会社で一番面倒な顧客を。その顧客と会う約束があるだけで、一日ブルーになる事だろう。精神科では、そのレベルの顧客があふれかえっている。というより、そのレベルの人は社会で生活できているので、まだマシな方だったりする。

 

もちろん断ったり、ぞんざいに扱って来なくするという最終手段はあるものの、それは治療ではないワケで。楽してる精神科医は、そうやってクレーマーを遠ざけているのだろうけれど。本当に治療しようと思うと、それはとても心の力を使う。

 

私からすると、精神科は結構大変だと思う。